ひきこもり・ニート

引きこもりにおすすめの在宅ワーク5選!支援サービスも合わせて解説

長い間、「引きこもり」「ニート」として過ごしてきた方が、社会に出て働き始めることは決して容易ではありません。

あなたも、次のような不安から社会復帰が遠のいてしまっていませんか?

https://岐阜就労支援.com/wp-content/uploads/2022/06/45c942e6e469bec565c04efe8e6b8f23.png

「対面で会話する時、緊張して自分の考えが上手く伝えられない」

「自宅から一歩出ると、周囲の目線などを気にしてしまう」

両親や世間からのプレッシャーなどで「変わらなければ」という気持ちがあっても、精神的な負荷が重くのし掛かってしまい、なかなか動きだせない方は少なくないでしょう。

自宅から出て働くことが難しい場合には、通勤の負担が軽く、職場環境を変える必要のない在宅で取り組める仕事を選ぶことがおすすめです。

  • 引きこもり・ニートに在宅ワークをおすすめする理由
  • 引きこもり・ニートが在宅ワークでできる仕事はどのようなものがあるか?
  • 引きこもり・ニートが在宅ワークを行うにはどうすれば良いか?
  • 引きこもり・ニートの在宅ワークを支援するサービス

について解説します。

引きこもり・ニートに在宅ワークをおすすめする理由

ひきこもり自宅で在宅ワーク

引きこもりやニートを長期間続けていた方が、いきなり会社に出勤して仕事を始めると「報告・連絡・相談のタイミング」「一緒に仕事に取り組む方への気配り」などが分からず、周囲の指摘などで精神的に苦しくなる場合もあります。 会社に出勤して仕事を行うまでの準備期間としても、「在宅ワーク」がおすすめです。

具体的なメリットは以下の通りです。

在宅しながら仕事を完結することができる

引きこもりやニートの方が「仕事をしないと」と思っていても、勤務先に出向くことに大きな不安を感じる場合もあるでしょう。

在宅ワークであれば、自宅にインターネットとパソコンなどの作業環境があれば、仕事を行うことができます。通勤時間も発生せず、劇的な環境の変化も抑えられるため、仕事に慣れていくステップとしておすすめです。

社内での物理的なコミュニケーションを排除できる

実際に出勤して仕事を行うと、職場内のコミュニケーションから逃れることはできません。仕事でストレスを抱える原因の多くが「人間関係」であり、精神的負荷が大きい要素です。

在宅ワークの場合、多くはチャットやメールなどでクライアントとやり取りをします。業務外の余計なコミュニケーションも排除できる点も、大きな強みです。

在宅ワークを通じてスキルを身に付けることができる

在宅ワークを始めることで、新しい知識・スキルを得るきっかけになります。例えば、文章を素早くタイピングする技術を身に付けることができれば、時給換算でより多くの報酬を得ることも可能です。

一度仕事を完結できた自信から「より多くのお金を稼ぐためにどうすれば良いか?」を考え、スキルを取得するモチベーションに繋がることも珍しくありません。

在宅ワークは、就労移行支援にも取り入れられた、重要なものとなっております。以下の記事でも詳しく解説しておりますので、あわせて読むことをオススメします。

引きこもり・ニートにおすすめの在宅ワーク5選

ノートパソコンで仕事中の女性の手元

在宅ワークと一言で表現しても、数多くの仕事が存在します。

無数にある仕事の中から「職種・資格が不要」「低予算でスタートできる」「仕事内容が比較的シンプルで分かりやすい」など、引きこもり・ニートの方にもおすすめの仕事を5つ紹介します。

  • Webライティング
  • 動画編集
  • データ入力
  • アフィリエイト
  • ゲームテスター

順番に解説いたします。

Webライティング

Webライティングとは、Webサイトに掲載する記事を作成するほか、より多くの方に読んで貰えるように「編集」「リライト」などを行う在宅ワークです。高スペックのパソコンは必要ないため、仕事を行う上で必要な費用も安価に抑えられます。

企業や個人が不特定多数に対して作業してくれる方を募集する「クラウドソーシング」サイトなどで、提案を行って案件を獲得していく方法も一般的です。

「Webライティング案件」には、以下のような内容があります。

  • YouTube撮影時の台本作成
  • ブログ記事作成
  • 商品・サービスを紹介する記事作成
  • 自社商品を販売するためのセールスレター作成

ライターとして実力をつけて、業務量や記事単価を増やすことができれば、専業で生計を立てることも可能です。

動画編集

動画編集の作業には、動画の重要な部分を切り出す「カット編集」、話している内容を画面に表示させる「テロップ挿入」のほか、「音楽挿入」「効果音挿入」などがあります。

近年は、YouTubeでも動画の編集方法を解説しているため、独学でのスキル習得も可能です。

YouTubeでチャンネルを作成、動画を投稿して再生数を増やすことで収入を得る方法だけでなく、「結婚式ムービーの作成」「他のYouTubeチャンネルの編集業務」などで収益を得ることもできます。

データ入力

「データ入力」は、特別なスキルを求められることがなく、ひたすらデータを入力し続ける仕事であるため、引きこもり・ニートから抜け出す第一歩の仕事として注目されています。パソコンとインターネット環境さえ整っていれば仕事を受注可能です。

金銭面よりも、在宅ワークのライフサイクルに慣れることを優先したい方には、特におすすめです。

アフィリエイト

「アフィリエイト」とは、自分が運営するブログやWebサイトに広告を掲載して、広告の商品が購入されたり、サービスが利用されたりすることで成果報酬を得る広告手法です。

アフィリエイトには、主に以下のメリットがあります。

  • 無料でスタートできる(サーバー・ドメインなどの契約料も月に数千円程度で負担が少ない)
  • 軌道にのればサラリーマンを上回る収入を得られる(爆発的な売上は期待できないが、毎月コツコツ積み重ねて大きな収入を得られる)
  • 好きなことや得意なことを活かせる(ブログジャンルは自分で決められるため、自分が好きなことをピックアップできる)

ただし、アフィリエイトは確実に稼げるわけではないため注意が必要です。軌道に載せるまでに1年ほど掛かるとも言われており、スタート時は全く稼げないこともあります。

ゲームテスター

「ゲームテスター」は、開発段階のゲームをプレイして、バグや不具合がないかをあらゆる角度から検証する仕事です。近年は「eスポーツ」としてゲームが競技化されてきた流れもあり、ゲーム内の細かなバグ・不具合が勝敗を大きく左右してしまうことも珍しくありません。

テスト方法については案件によって大きく異なり、長時間のプレイ時間を要求されることもあるため、体力が必要な仕事と言えるでしょう。

引きこもり・ニートが在宅ワークを探す方法

探す、検索する

今まで就業経験のない引きこもり・ニートの方は、どのような方法を用いて在宅の仕事を見つけるべきでしょうか?

以下で、具体的な方法を紹介します。

クラウドソーシングを利用する

「クラウドソーシング」サイトを使うことで、多くの仕事に自分から積極的に提案できるほか、自宅のパソコンを利用して仕事を進めることが可能になります。

基本的にはチャットを用いたコミュニケーションとなるため、対面や電話での対応に比べても、精神的な負担が少ないことも特徴です。まずは積極的に案件に提案を行いましょう。

決まった仕事を丁寧に進めることで、仕事の流れを覚えることができます。

求人サイトを活用する

新型コロナによるパンデミックを経験したことで、多くの会社で在宅勤務やリモート勤務が広がりました。さらに、少子高齢化に歯止めが効かない時代において、どの会社も積極的に人員を確保しようとする流れが強まっています。

このような背景から、求人サイトにおいて「未経験でも在宅勤務可能」な求人が劇的に増加しているのです。

多くの求人案件を抱えるサイトを複数組み合わせて活用することで、未経験でも在宅勤務の仕事を確保できる可能性は十分にあります。

オンラインスクールでスキルを取得し、案件を紹介してもらう

確かなスキル・資格を取得した後に仕事を探した方が、より広い選択肢から仕事を選ぶことができます。

例えば、「エンジニアとして在宅勤務の仕事をしたい」場合には、プログラミングスクールに通学して知識を着実に積み上げることが重要です。近年は、プログラミングスクール側が仕事を紹介してくれることもあります。

スクールに通うための費用負担は痛手ですが、スキルを積み上げることで、より高単価な仕事を獲得することが可能です。

引きこもり・ニートの在宅ワークを支援するサービス

「求人を募集するサイト」や「求職者を支援するサービス」は世の中に多くありますが、引きこもり・ニート向けのサービスは限られてきます。

この項目では、引きこもりやニートの方にもおすすめできる支援サービスを紹介します。

株式会社ウチらめっちゃ細かいんで

「株式会社ウチらめっちゃ細かいんで」は、「誰もが、安心して働ける場を作りたい」をモットーに、引きこもり経験者が中心となって設立されました。在宅で自分のペースで受講できる「ホームページ作成講座」の提供、発達障害・精神疾患をお持ちの方に国の制度を使ってスキルアップを支援するサポートなどを行っています。

引きこもり・ニートの本人に対するサポート以外にも、家族同士の繋がりを醸成する「家族会」等のイベントも計画しており、多くの方から支持を得ている会社です。

株式会社ウチらめっちゃ細かいんで

COMOLY

「COMOLY」とは、引きこもり当事者のためのワーク・コミュニティを提供し、安心して繋がれるプラットフォームです。スタッフが簡単なヒアリングを行った後に、あなたにあった仕事とマッチングを行います。

仕事のジャンルは「データ入力」「動画制作」「アプリ開発」「ポスターの制作」など、多岐に渡るため、自分が得意なものを探すことが可能です。

現在は、2024年1月まで登録を停止しておりますが、引きこもりやニートの方は抑えておくべきサイトと言えるでしょう。

COMOLY

hiki.work

「hiki.work」は、引きこもりによってコミュニケーションに苦手意識を感じる方でも、社会と何らかの形で繋がり誰かの役に立つことを実現する、在宅ワークに特化した求人サイトです。

募集案件のジャンルは「パンフレットの修正」「事業所の地図作成」など多種多様な案件があり、自分の特性にあった案件に応募することができます。

hiki.work

まとめ

  • 引きこもり・ニートとして長期間過ごしてきた方が、社会に出て働き始めるには大きなハードルがある
  • 在宅ワークは「直接的なコミュニケーションを減らせる」「在宅で仕事を完結することができる」など、引きこもりの方にとってメリットが多い
  • 在宅ワークには「Webライティング」「ゲームテスター」「アフィリエイト」「動画編集」「データ入力」など、多種多様な仕事がある
  • 在宅ワークを探すには「クラウドソーシングの活用」「オンラインスクールでスキルを身につけ、案件を紹介してもらう」など様々な方法がある

引きこもりやニートの方には、精神的な負担を抑えられる在宅ワークで、社会復帰への一歩を踏み出すことがおすすめです。

在宅ワークを支援するサービスも活用しながら、自分に合った働き方を模索していきましょう。

関連記事

お知らせ

オススメ記事

  1. 障害者の手作りクッキーを製造販売している作業所33選【A型・B型事業所】

  2. カフェ・飲食店を営む就労継続支援A型B型事業所【60選】

  3. 【障害者のパン屋さん】パン作りができる作業所全国40か所を一挙紹介

  4. 障害者作業所のハンドメイド品を販売する通販・オンラインショップ16社一覧

  5. 全国40選!プログラミング・デザイン系A型事業所【就労継続支援|作業所】

  6. あなたに合う就労継続支援A型の探し方と選ぶ7つのポイント!

  7. A型・B型の作業所で働くには?ご家族にも知ってほしい大切なこと

  8. 就労継続支援A型のデメリット4つ(作業所)

最近の記事

  1. 中卒ニートの現実的な就職とは?引きこもりから正社員になる3ステップ

  2. 発達障害の自覚がない同僚にどう接すればいい?本人への伝え方も紹介

  3. ニートの資格取得は就職に結びつく?社会復帰におすすめの方法を3つ解説

  4. 引きこもり支援団体が「やばい」と言われる理由3選|利用するメリットは?

  5. 職場でもカサンドラ症候群は起こる?職場内カサンドラの対処法を紹介!

  6. 【ADHD】頭の中がごちゃごちゃする原因とは?頭がうるさい時の対処法5選も紹介!

  7. 35歳以上のニートは呼び方が変わるってホント?35歳から待ち受ける現実と対策

  8. 50代の引きこもりがたどる末路とは?支援制度も紹介【8050問題】

  9. 引きこもりになる原因ランキングTOP10|原因の実態と考察

  10. 大人のADHDの話し方の特徴4つを解説!改善方法5選も紹介します